ガングロというと懐かしいような気も

メークアップの若見え術

TOP PAGE >ガングロというと懐かしいような気も

□ガングロというと懐かしいような気も

ガングロというと懐かしいような気もしますが、再度、流行の気配です。


ファッションの流行の一つとして浸透しはじめた感もありますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。つまり、シミのことになります。大丈夫という人もいるかも知れませんが、ガングロをやめた後はガングロではなかった人と比べて多くのシミが目立つようです。



シミをコンシーラーでどうにか隠そうとしたところ、思いがけず、シミが目立ってしまった体験はありませんか。

ファンデーションをセレクトする時は、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、シミをわからなくするためにコンシーラーを購入する際、お肌より明るいカラーをチョイスしたらシミがもっと際立ってしまいます。

コンシーラーでシミをカバーするためには地肌よりこころなしか暗い色を選択することが要点です。



シミは、スキンケアの悩みの中でも多いです。老化、紫外線による日焼けなどの影響でメラニン色素が生成されるという原因で、シミのせいで実年齢以上により上に老けた感じを与えてしまうでしょう。その上、顔に出てしまうと大変気になってしまうものですが、日々のスキンケアで防ぐこともできますし、できてしまったシミを消すことができる方法があります。肌荒れが酷くなってしまい、どうしたらいいか分からないときは、まずは皮膚科を訪れ相談しましょう。肌荒れ用の保湿剤やビタミン剤等を出してくれる場合もあります。



さらに、早寝はやおきで質の高い眠りをたっぷりとるようにして、ビタミンCやミネラルを多く含む食物を摂ることが大切になります。しょっちゅう洗顔をして肌の脂分が足りていないと、足りていない皮脂を補おうとたくさん出すようになります。
顔を洗いすぎると、肌が乾燥状態になり、よりあまたの皮脂を分泌してしまうこととなりますから、顔の洗いすぎには注意してください。顔を洗った後は化粧水でしっかりと水分補給することを忘れずに行なうことが大切になります。
法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、消せるものなら消したいものです。

シワの原因はさまざまありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大聞く影響しています。



できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、お肌に化粧水及び美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)などでちゃんと保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。30代から40代の女の方が悩むお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」が挙げられます。両目の目じりの下の頬よりのあたりにまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。


その原因として、女性ホルモンと関係があるのではないかとされており、肝臓の病気とは特に関係がないといわれています。



肝斑の治療にあたり、現時点で第一選択とされているのはトラネキサム酸の内服で、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから販売されています。いわゆるありふれたシミ改善法のようなものでは、こと肝斑に関しては効果がないといえます。
美しいキメの整った肌は女性なら誰でも憧れますよね。キレイな肌でいつづけるためには、保湿を大切にしなければいけません。潤いがしっかりある肌はハリのある肌はトラブルにも強いです。そして意外と知られていない保湿に要るものが、UVケアになります。UVは乾燥につながりますので、適切なケアをすることが重要です。シミを消して肌を明るく見せる方法は様々ですが、私のお奨めは高濃度プラセンタが入った美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)を使ってのお手入れです。



角層までしっかりと届くのが実感できます。

毎日の使用を重ねるうちにシミの色素が淡くなってきたので、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。私は花粉症ですが、スギ花粉の季節がやってくると、敏感肌になって肌荒れが起こってきます。



そういったことで、この時期にメイクをしてしまうと肌荒れが余計に悪化するので、ナチュラルメイク(使う化粧品の色がポイントになるでしょう)だけで過ごしております。アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、敏感肌になっているため、目がより痒くなり、絶対にできないのです。


Copyright (C) 2014 メークアップの若見え術 All Rights Reserved.
top